「ヘパリーゼの硬貨を最大限引き出すには飲むタイミングが大事!?」

 

ヘパリーゼとは肝臓や胃腸に働きかけて滋養強壮の効果がある栄養剤の一つです。

 

疲れが溜まっている時や胃腸の働きが弱くなっている時に効果があります。また二日酔いを抑える目的でお酒を飲む時にも活用されているので、サラリーマンの方なら飲んだことがある人も多いですよね。

そんな社会人の強い味方、ヘパリーゼですが、飲み方や飲むタイミングによっては効果が変わってくることをご存知でしょうか。今回は効果的なタイミングと気をつけたいヘパリーゼの副作用についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ヘパリーゼを飲むタイミングは重要!

ヘパリーゼ 飲むタイミング 副作用出典:http://www.hepa.jp/

ヘパリーゼはCMでもおなじみで飲み会がある時には飲んでいる人が多いかもしれません。

 

ヘパリーゼも医薬品なので、風邪薬などと同じようにどのタイミングで服用するかで効果が変わってきます。

 

正しい効果が得られるように適切なタイミングを理解しましょう。

ヘパリーゼについて

ヘパリーゼは肝臓水解物という滋養強壮の効果がある成分と新陳代謝を活発にする生薬やビタミンを合わせて作られています。

 

肝臓水解物はお肉などに含まれているタンパク質でも摂取可能ですが、ヘパリーゼの場合には効果的に胃腸に届くように細かく分解されているため消化吸収されやすく、よく効くようになっています。

 

ヘパリーゼの中にも種類があり、ドリンク剤や錠剤として販売されています。第二類医薬品と第三類医薬品に分類されていますが、最近ではコンビニで購入できる指定医薬部外品もあるので、薬局に行かなくても手に入るのでより気軽に購入できるようになりました。

二日酔いを防ぐための効果的なタイミング

会社の飲み会で二日酔いを防ぎたいという時には、飲み会の前にヘパリーゼを飲んでおくと効果的です。

 

お酒を飲み始める30分前に服用しておくと悪酔いもしにくく、翌朝もスッキリしますよ。

 

ドリンク剤は一日に一回服用なのに比べて、錠剤の方は一日3回2錠服用なので、二日酔いに対してはドリンク剤を服用する方が手軽で、効果が高いようです。

 

ヘパリーゼに含まれている肝臓水解物が肝機能をサポートしてアルコールの分解の手助けをします。

 

疲労回復の効果もあるので二日酔いが解消されるだけでなくリフレッシュにもなるので飲み会の前にはヘパリーゼを飲んでおくのがオススメですよ。

胃腸が弱っている時のタイミング

本来のヘパリーゼの役割は胃腸や肝臓の働きを助けることなので、二日酔いのためだけでなく日頃から疲れている時に服用してもいいと思います。

 

疲労回復したい時には疲れが溜まっていると感じる時や食欲がない時に服用しましょう。

 

自分で疲れを感じた時がタイミングです。ドリンク剤は一日一本、錠剤は一日3回と服用する回数は決まっていますのでそれ以上飲まないように注意が必要です。

 

何度も言いますが、医薬品なので用法と用量を守りましょう。

必要な用途に合わせてタイミングを考える

ヘパリーゼは二日酔いの他にも悪酔いを防いだり、胃腸の働きを助けたりする効果がありますので、自分が求める効果を考えてタイミングを見極めることが大切です。

 

ドリンク剤と錠剤のどちらを服用しているかによっても違いますので、まずは自分がどちらを飲むか決めておきましょう。

 

参考:二日酔いで下痢が続く…そんな時の試したい対処法まとめ

ヘパリーゼはドリンクを錠剤どちらがおすすめ?

ヘパリーゼ 飲むタイミング 副作用

ヘパリーゼには様々な種類がありますが、どれもドリンク剤と錠剤のいずれかに分けられます。

 

ドリンク剤が一日一本なのに比べて錠剤は一日3回2錠と飲む回数や量も異なるので自分にあっている方を選ぶのが大切です。

ヘパリーゼドリンクについて

二日酔いの時にはドリンク剤の方がより一般的ではないでしょうか。

 

ドリンク剤にはパイン味やグァバ味など飲みやすい味付けがされているものや胃腸の働きを高める生薬が含まれているものなど種類があります。

 

第三類医薬品と第二類医薬品に分類されていますが、コンビニで購入できる指定医薬部外品もあって忙しくて薬局に行けない時にはオススメです。

 

50ml入っていて一回で全て飲み干すのですぐに捨てることができますし、肝臓水解物は200mg配合でその他にも種類ごとに様々な成分が含まれていて滋養強壮、疲労回復などに効果的です。

ヘパリーゼ錠剤について

錠剤は疲労回復の時に数日続けて飲むと効果があります。

 

服用しやすいように糖衣錠になっているので薬が苦手な方でも安心ですよ。

 

効果はドリンクと同様に滋養強壮や疲労回復ですが、錠剤には6錠内に600mgの肝臓水解物が入っています。

 

販売されている1瓶には180錠、30日分入っているので続けて飲むことができて疲れが溜まっている時や特に忙しい時にオススメです。

ヘパリーゼの使い分け

先程も言いましたが、ヘパリーゼは使い分けるために錠剤とドリンクの2種類があります。

 

ドリンクは手軽なので飲み会の前に気軽に飲むことができますが、一方で錠剤は続けて飲めるので疲労回復したい時には効果的です。

 

効果としては肝臓水解物の含まれる量は錠剤の方が多いのですが、どちらかが一方的に効果があるということもありません。使いやすい方を選んでみましょう。

ヘパリーゼとウコンの力の違い

ウコンの力はヘパリーゼと並んで人気のドリンク剤ですよね。二日酔いや深酔いを防ぐためによく飲まれています。

 

ウコンにはクルクミンという肝機能を手助けする力があるのでそれを活用したドリンクで、最近では居酒屋メニューの中にあることも多く、飲み会の時には飲んでいる人も多いでしょう。

スポンサーリンク

 

ウコンの力とヘパリーゼには違いがあります。いずれも二日酔いに効くドリンクですが、ウコンの力は清涼飲料水に位置付けられています。一方でヘパリーゼは医薬品です。

 

そもそもウコンは漢方ですから効果が出るまでには時間がかかり、効果も弱いと言われています。

 

一方でヘパリーゼに含まれる肝臓水解物は医薬品ですからきちんとタイミングを計って飲めばより良い効果を得ることができるのです。値段はウコンの力が200円程度なのに比べてヘパリーゼは420円で売られています。

 

参考:周りが急性アルコール中毒になった時の症状や対処法まとめ

ヘパリーゼで効果を感じられない人

ヘパリーゼ 飲むタイミング 副作用

ヘパリーゼを飲んでも翌日すっきりという人と、そうでなくあまり効果を感じないという人もいるようです。

 

人によって効果が違うのにはいくつかの原因があります。それらを理解した上で効果がない時には自分がどれに当てはまるのかを考えてみましょう。

肝臓が悪化している

ヘパリーゼはあくまでも肝臓の働きを手助けするための医薬品です。

 

そのためすでに悪化してしまった肝臓に対しては効果もありません。

 

肝臓は沈黙の臓器とも言われていて、肝硬変などの症状が出てからでは手遅れとも言われますので、肝臓に異変を感じたらすぐに病院に行って検査してもらいましょう。

体質

前述のようにヘパリーゼは肝臓の働きを助ける医薬品です。そもそもの肝臓にアルコールの分解能力が弱い時には効果が効きにくいことがあります。

 

日本人には一定の割合でアルコールを分解する能力がない人がいますので、その場合にはヘパリーゼを飲んだとしても泥酔したり、二日酔いになったりしてしまいます。

 

そんな体質の場合には、当然ですがお酒は控えるのがベストですよ。

飲みすぎ

多くの人が陥るのがこちらの飲みすぎと言われています。

 

二日酔い対策としてヘパリーゼを飲んだとして、その事実に安心していつもよりも飲みすぎてしまうと結果的には対処しきれずに二日酔いになってしまうことがあるのです。

 

ヘパリーゼが効かないなと思ったらまずは自分がどれくらいお酒を飲んだのか、いつもより調子に乗って飲みすぎなかったか考えてみましょう。

 

参考:コンビニでも買える!胃もたれを改善する飲み物まとめ

気をつけたいヘパリーゼの副作用

ヘパリーゼ 飲むタイミング 副作用

ヘパリーゼは医薬品ですから、副作用の危険性もあります。

 

パッケージの説明欄には細かく副作用について書いてありますので、もしもこれらの症状が出たらヘパリーゼの服用は停止しましょう。

 

症状がひどくなってしまったら服用したヘパリーゼを持って病院で診察を受けてください。

発疹

発疹とはじんましんなど皮膚に異変が出ることを指します。

 

ヘパリーゼの説明欄にも記載されているのでもしもヘパリーゼを飲んだ後に原因不明の発疹が出たら副作用と言えます。

 

発生しうるじんましんは皮膚の軽い過敏症状ですから、しばらくしたら治まるのが一般的ですが、しばらくしても治らない時には病院に行きましょう。

胃の膨張感

こちらの症状はヘパリーゼに関わらず自分の体質に合わない薬を体内に摂取した場合には多く起きる副作用です。

 

胃が張っているような感覚が続いたり、頭痛や吐き気なども合わせて起きることがあるようです。

 

ヘパリーゼの場合はそれほど重症になることはないのでこれらの症状が出たら体質に合わなかったのだと思って服用をやめましょう。

 

本当に怖い!急性アルコール中毒で気をつけたい後遺症と対処法

痛風のリスク

あまり知られていませんが、ヘパリーゼにはプリン体が多く含まれています。

 

プリン体とはビールなどに多く含まれている成分で、痛風の原因となる尿酸値を増加させる働きがあります。

 

一日に服用する量をしっかりと守っていれば問題はないですが、飲みすぎると痛風のリスクもありますので気をつけてください。

 

ヘパリーゼは医薬品です。他の栄養ドリンクと同じようにあまり考えずに飲みすぎるとかえって体に負担をかけてしまうので注意しましょう。

 

参考:二日酔いが原因で熱が出ることも!?二日酔い以外の病気の可能性は?

まとめ

ヘパリーゼは飲み会の時には多く飲まれている二日酔いに効果的な医薬品です。

 

錠剤とドリンク剤が用意されているので自分のようとにあわせて使い分けることができますし、疲労回復や滋養強壮の役割もあるので疲れている時にも飲むことができます。

 

飲み会の前や疲れている時などタイミングを守って服用することでより効果を実感することができますが、それでも効果がない場合には何らかの原因があるはずなので、自分の場合にはどれに当てはまるのかを考えてみましょう。

 

またヘパリーゼにはじんましんや胃の膨張感などの副作用が起きることもあります。

 

それは他の医薬品と同じですから、その場合には使用を停止しましょう。用法と用量を守って服用することが大切です。

 

参考:ウコンの力で酔い・二日酔いは防げる?ウコンじたいの効果は?

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう