糖尿病、誰でも一度は聞いたことがありますよね。

 

「糖尿病って、年をとってからかかる病気でしょ」

 

なんて考えている人はいませんか?そんなことはないんです。ファストフードのお店が増えたり、コンビニが増えたり、どんどん便利になって、食の形も変わってきました。

 

その結果、誰でもいくつでも糖尿病になる可能性はあちこちに落ちています。食の形が変わって、糖尿病の可能性も、患者も増えてきました。もしも、糖尿病になってしまったら、あなたはどうするでしょうか。そんなとき、気にかけてほしい食についてのお話です。

 

スポンサーリンク

 

厳守!糖尿病ならこの食べ物は食べてはいけません!

糖尿病 食べてはいけないものはっきり言いましょう。糖尿病にかかってしまったら、血糖値を上げやすい食べ物は、いろいろな症状が出たり、悪化したりすることが考えられるので、食べてはいけません。

 

「私は練り物が好きだけど、大丈夫だよね!」

「きな粉もちが大好き。きな粉は大豆から出来ているから、体に良いでしょ」

 

さて、実際はどうなのでしょう?これから、一緒に見ていきましょうね。

食べてはいけない①~塩分が多い~

商品のパッケージや、CMなんかでも、塩分控えめというのはかなり見聞きしませんか。それは、塩分を摂りすぎると、体に良いことが何もないからなんですよ!

 

想像してみてください。白いごはんと、しょっぱいお味噌汁、塩辛い漬物。天ぷらにたっぷり塩を添えて。もしも夕食がこんなメニューだったら、どうでしょう。

 

「こんなの、しょっぱくて食べられないよ!」

 

なんて思う人もと思いますが、実は、しょっぱい、・塩辛い味付けは、食欲を増すのです。塩気が強いものを食べたら、白ごはんをたべてしょっぱさを和らげたい、そしてまた塩辛い物を食べたい、というように、食べ過ぎのスパイラルにはまってしまいます。

 

ずっと食べ続けて血液中の糖が多い、つまり血糖値が高い状態が長く続くと、血糖値を下げる役割と持つインスリンが、

 

「いつが働きどきなの?ずっと血糖値が高いからわからないよ」

 

と、役割を果たせなくなってしまうのです。これは、糖尿病の原因のひとつと言えます。

食べてはいけない②~高GI~

食べた後に、血糖値が上がっていくスピードは食品によって違います。食後に血糖値が上がるペースがGI値と呼ばれているもので、GI値が高い食べ物は、血糖値が一気に上がりやすんですよ!

 

高GIの食品は、主に炭水化物。白米や食パン、イモ類は高GIです。はちみつもGI値が高いので要注意。

 

何か気づいた人はいますか?

 

塩からい塩分が多い物と、GI値の高い白米を一緒に食べるなんて、糖尿病になりたくなくてもならずにはいられない組み合わせだったんです!健康な人でも、体に悪い食べ方になります。糖尿病になってからもこのような食べ方を続けてしまったら、悪化の道しかありません。

食べてはいけない③~糖分が多い~

甘いものは好きですか?飲み物は、水やお茶よりジュースを飲んでいますか?この2つに当てはまる人は、注意が必要ですよ!

 

アイスクリームやジュースには、私たちの想像を超えるほど多くの糖分が含まれています。おやつの時間に、アイスやジュースを摂取していませんか?

 

日頃のそんな何気ない行動が、あなたの血糖値をあげて、糖尿病へ導こうとしているんです。料理で使用するのは仕方ない部分もありますが、間食に甘いものを食べるのは控えた方が良さそうです。

食べてはいけない④~お菓子~

糖尿病になってしまったら、受診したときに医師から「お菓子はなるべく食べない方が良い」と言われることでしょう。それもそのはず。お菓子は、たくさんの砂糖を含んでいるものやたくさんの塩分を含んでいるもの集まりです!

 

「板チョコを食べ始めて、気づいたら1枚食べてしまった」

スポンサーリンク

「スナックを食べ出したら止まらなくて、1袋たべちゃった」

 

なんて経験はありませんか?お菓子類は、砂糖や塩をたくさん含んでいるだけでなく、少しの量でもカロリーが高く、炭水化物や脂質も多く含んでいるんです。

 

たしかに、手軽に手に入って食べやすい物が多いですが、糖尿病と戦っていくには、敵になってしまうもんです。

 

「チョコやスナック菓子じゃなくて、和菓子は?おせんべいならいいの?」

 

と思ったあなた!和菓子はチョコレートやスナックなどの洋風のお菓子よりもカロリーが低いと考えられがちですが、そんなことはありません。ほとんどの和菓子が高カロリーなので、気をつけなければいけないんですよ!

 

このほかにも、加工食遺品や果物類、豆類等も避けるべき食品です。最初に、練りものやきな粉もちを例に挙げましたが、実はどちらも食べてはいけないものなんです。

 

いくら大好きな食べ物でも、病状が悪化してしまったら食べ物どころの話ではありません。体が無理なく受け入れられる食事を心掛けたいですね。

これならOK!糖尿病でも食べて良いもの

糖尿病 食べてはいけないもの「食べちゃいけないものばっかり!」

 

なんてがっかりしている人はいませんか?大丈夫です、ちゃんと食べて良い物もありますよ!これから、特にオススメのものを紹介しますね。

キノコ類

キノコ類のポイントは、とてもカロリーが低いこと!

 

また、糖尿病におすすめの食物繊維が豊富に含まれています。種類も多く、いろいろな味が楽しめますし、どんな料理にも応用ができますよね!

海藻類

海藻類も、キノコ類のようにカロリーが低く、食物繊維も豊富です

 

また、海藻に含まれる食物繊維は水溶性なので、腸内で溶けて糖質を包み、体内への吸収を抑えてくれるという効果もあります!

玄米等

白米とは対照的に、玄米は低GI食品です!

 

ご飯を食べるのが好きな人は、玄米に変えてみると良いかもしれませんね!また、蕎麦やパスタも血糖値が比較的上がりにくい食材なので、オススメです。

 

こちらでは3つ紹介しましたが、この3つだけでも、いろいろなメニューがつくれそうではないでしょうか?他にも、野菜類なら大根・白菜・ごぼう・トマト・ナス等、食べられるものがたくさんありますよ!

 

無糖であればヨーグルトも食べてOKです。食べても良い食品の特徴は、なんといってもカロリーとGI値が低いことですね。糖尿病を引き起こし、悪化させる可能性は、高カロリー高GIの食生活に潜んでいるのです!

 

食事制限と言われると、本当に決まったものしか食べられないような気がしてきますが、実はそうではありません。1回1回の食事で、糖質と脂質を抑えれば良いんです。

 

そのために、カロリーや糖質の少ない食材を選んでいるだけのこと。辛い思いはせず、食事を制限することもできるんですよ!

まとめ

もしも糖尿病になってしまったら、気をつけてほしいこと。それは何より食べるものです!

 

乱れた食生活の中で、塩辛いものやGI値の高いもの、甘いもの、お菓子ばかりを好んで食べる生活をこれからも続けていけば、糖尿病になること、また悪化することは避けられません。私たちの体は、食べたもので出来ているんです。

 

糖尿病になってしまったら、自分自身で痛めていた自分の体をいたわるよう、食にこだわることをオススメします。キノコや海藻、玄米を採り入れて、野菜中心の食事にしてみませんか。

 

他に「こんな食べ物、メニューはどうだろう?」と思うものがあれば、病院で医師に相談してみると、あなたのメニューは増えるかもしれません!

 

食べるものを見直して改善することが、糖尿病によって引き起こされる可能性がある様々な症状を防ぎ、あなたの体を守る術です。糖尿病を悪化させない、良い物を食べて、体を作り替えましょう!

 

参考:糖尿病でもお菓子を食べたい!普段から食べられるお菓子は?

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう