コーヒーを飲んだら、頭痛がする、下痢や吐き気を感じる…そういう症状が出たら実はアレルギーのせいかもしれません!

 

アレルギーというと花粉症やハウスダスト、ピーナッツなどの食物アレルギーをイメージする人も多いですが、コーヒーも飲むとアレルギー反応を起こすことがあるんです。

 

コーヒーを飲んだらどんなアレルギー症状が出ることがあるのか、危険なカフェインの目安や、アレルギー反応が起きてしまった時の対処法などをご紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

 

コーヒーが原因!?カフェインアレルギーとは?

カフェインアレルギー コーヒーアレルギー

 

アレルギーとは体内には入った物質が体に悪影響を及ぼす異物だと捉えられることで、それを排出しようと体が必要以上に反応してしまうことを指します。

 

カフェインの場合も同じようにカフェインが異物だと体が判断することでアレルギー反応を起こすようですが、どんな症状があるのでしょうか。

代表的なアレルギー症状

カフェインアレルギーの代表的な症状は体調の悪化、手の震え、じんましん、かゆみに分類されます。

 

体調の悪化では、頭痛やめまい、吐き気、下痢などが多いようで、コーヒーを飲んだ後にこれらの症状があるという人はアレルギーの可能性が高いです。

 

さらに動機がして心拍数が増加するということもあるので、一度コーヒーを飲んで体調不良になったことがある人は注意しましょう。

 

代表的なカフェインアレルギー症状
  • 動機、頭痛、めまいなどの体調不良
  • じんましん
  • かゆみ
  • 手の震え

アレルギー症状の原因とカフェイン

上記のようなアレルギー反応が出てしまうのはカフェインの効果が影響しています。

 

カフェインには血管を収縮する効果があり、それによって一旦は皮膚の炎症やかゆみを抑えるのですが、その後血管が元に戻る際に余計に炎症がひどくなることがあるのです。

 

そのためカフェインは飲んだ直後よりもしばらくたってから、アレルギー症状が出ることが多いのも特徴と言えます。

 

カフェインには覚醒効果を引き起こす効果もあります。よく朝にコーヒーを飲むのはこの効果があるからですが、覚醒効果が悪影響を及ぼすこともあるのです。

 

神経を刺激することでめまいや吐き気、じんましんなどの体調不良を起こす原因となり、精神的なバランスが乱れることもあります。

 

カフェインでのアレルギー反応
  • カフェインの血管収縮効果
  • カフェインの覚醒効果

アレルギー検査してみよう!

カフェインアレルギーがあまり世の中に浸透していない理由の一つにカフェインアレルギーが遅発型アレルギーであることがあります。

 

遅発型アレルギーとはアレルギーの症状がすぐに現れる即時型と違って、しばらく時間が経ってから症状が出てくるのが特徴です。

 

コーヒーを飲んでからしばらく経って症状が出てくることが多いので、多くの人がカフェインが原因で症状が起きていると気が付きません。ひょっとしてコーヒーが原因で体調不良になっているかもしれないと思った方は病院で検査をしてみましょう。

 

参考:アレルギーの検査費用や方法は何がある?保険適用できる?

カフェインアレルギーの症状

カフェインアレルギー コーヒーアレルギー

カフェインアレルギーは症状が様々ですから自分でアレルギーだとは気がついていないことも多くあります。

 

そこで、カフェインアレルギーにはどのような特徴があるのか、症状について分類してみました。自分に当てはまる症状があるかどうか確認してみてください。

身体的な症状

一番症状がわかりやすいのが頭痛や吐き気、下痢、胃痛などの身体的な症状です。

 

コーヒーを飲んですぐではなくしばらく経ってから現れることが多く、かゆみやじんましんを引き起こすこともあります。

 

循環器系では心拍数の増加や動機がしたり、呼吸が早くなったりするので症状が現れたら無理をせずに体を休めましょう。

精神的な症状

前述のように、カフェインには覚醒効果があります。

 

頭をスッキリさせてくれる効果ですが、一方で精神的な不安感を煽ったり、焦燥感にかられることも多く、落ち着きがなくなったり、一時的に不眠症になることもアレルギーの症状である可能性が高いです。

 

精神的な症状は自分では気がつきにくいこともあるので特に注意しましょう。

重症化した症状

カフェインアレルギーが重症化すると動機やめまいで立っていられなくなったり、精神錯乱して幻覚や幻聴を引き起こしたりすることもあります。

 

特に精神的に不安定になっている人は余計に悪化する危険性があるのでコーヒーは控えるのがいいでしょう。

 

吐き気や動悸がひどくなると病院に行かなければならないこともあり、極端に飲みすぎた場合には急性症状と言って歩行困難や痙攣などの症状を起こして最悪の場合には死に至ることもあるので飲み過ぎには注意してください。

 

参考:コーヒーを飲むと胃もたれする?コーヒーのメリット・デメリット

カフェイン中毒の人に見られる傾向

カフェインアレルギー コーヒーアレルギー

スポンサーリンク

カフェインには中毒性があります。

 

コーヒーが好きで毎日たくさん飲んでいるとカフェインに対して体が耐性を作るようになり、だんだんと少量では効果が現れないようになってしまうのです。

 

その結果、より多くのカフェインを欲するようになり、体の中のカフェイン量が減ってきた時に頭痛や冷や汗、動悸などが起きます。これらの症状を離脱症状と言ってカフェイン中毒の危険なサインです。

危険なカフェインの含有量の目安

どれくらいのコーヒーを飲んだら中毒症状が出るような危険水準になるのでしょうか。

 

例えば、一般的な大人の場合、一時間の間に6.5mg/kg(体重)以上のカフェイン摂取が中毒を引き起こす目安と言われています。体重ごとに表すと大体次の表のようになる計算です。

 

 体重(kg)摂取量(mg)
40260
50325
60390
70455
80520

 

コーヒー一杯100mlに含まれるカフェイン量は90mg程度と言われていますから、体重60kgの人が一時間で4杯コーヒーを飲むと危険であるとわかります。

 

あくまでも目安であって、実際には体重や体質によってこれよりも少ない量で中毒症状を引き起こすこともありますので注意しましょう。

 

危険なカフェイン摂取量の目安
  • 一時間で6.5mg/kg(体重)
  • 体重や体質ごとに違うので注意

ほんの少しでも危険!?カフェイン過敏症の人も!

危険なカフェインの摂取量ほど飲んでいないのに中毒やアレルギーのような症状が出るという場合にはカフェイン過敏症である可能性が高いです。

 

カフェイン過敏症だと少しのカフェインでもめまいや吐き気、頭痛などの症状を引き起こし、じんましんや体全身の痒みなどの症状も出ます。

 

コーヒーを飲んだ時に気持ち悪くなったり、めまいがしたりしたことのある人はカフェイン過敏症である危険性があるので無理にコーヒーを飲まないほうがいいでしょう。

 

体調が悪い時や疲れている時にも症状が現れやすくなるので注意が必要です。

 

参考:ほうじ茶のカフェイン含有量は?妊婦や寝る前に飲んでも大丈夫?

コーヒーなどのカフェインを控えたほうが良い人の特徴

コーヒーにはリラックス効果があり、頭をスッキリさせてくれるので毎朝飲んでいるという人も多くいますよね。

 

ですが、中にはコーヒーなどカフェインを含んだ飲み物をあまり飲まないほうが良い人もいます。

 

カフェインには覚醒効果があり、精神的に不安定さを煽ることがあるので精神的な疾患を抱えている人にはオススメできません。不安感を煽ったり、パニックを引き起こす原因ともなります。

 

妊婦さんの場合もカフェインを摂取することで流産のリスクが上がる危険があるので控えたほうがいいでしょう。心臓病や肝臓、膀胱の疾患を抱えている人も病気を悪化させるリスクがあるのでコーヒーはあまり飲まないほうが安心です。

 

どうしても飲みたい時にはカフェオレにしてカフェインの含有率を下げたり、1日一杯に制限したりしてコントロールしてください。

 

コーヒーを控えたほうがいい人
  • 精神疾患などの症状がある人
  • 妊婦さん
  • 心臓病、肝臓、膀胱の疾患がある人

 

参考:もうやめる!?カフェイン断ちをした時の嬉しい効果まとめ

コーヒーを飲んで動悸が起きた時の対処法

カフェインアレルギー コーヒーアレルギー

コーヒーを飲んだら、動悸が起きてしまった、そんな時にすぐに試したい対処法をご紹介します。

水を飲む

動悸がカフェインが原因で起きている場合、体内のカフェイン濃度を下げる必要があります。

 

そこで水をたくさん飲むのが効果的です。カフェイン濃度が薄まれば症状も和らぎ、落ち着いてきますので、そのまま安静にしていましょう。

 

冷たい水は体に負担が大きいので、できれば白湯や温かい飲み物、なければ常温の水を飲むのが効果的です。緑茶や紅茶にはカフェインが含まれていますから飲んでも逆効果となりますから、注意してください。

胃洗浄してもらう

あまりにも症状がひどい時には病院に行って胃洗浄を行うのが効果的です。

 

胃の中に残っているカフェインを一気に取り出してしまいます。あまり聞きなれない言葉ですが、チューブを使って胃に直接水や生理食塩水を流し込んで吐き出すことで胃の中を空っぽにするのが目的です。

 

一気にカフェインを体内から取り出すことができますが軽症の場合にはあまり向いていません。急性中毒症状が出たような場合にのみ行われる対処法です。

食事を摂取しない

動悸がする時にはカフェインで胃も荒れています。

 

そこで胃に食事も入れてしまうと負担が余計に大きくなってしまい、症状が長引いたり、気持ち悪くなったりするのでカフェインアレルギーの症状がある時には食事はしないほうがいいでしょう。

 

なるべく安静にして症状が治まるのを待つのが効果的です。

コーヒーの飲み過ぎには注意

これまでにコーヒーを飲んで気持ち悪くなったことがある、動悸がした、という方はその後コーヒーを摂取するのを控えましょう。

 

コーヒーが好きでどうしても飲みたいという時には自分で1日一杯の制限を作るのも効果的です。最近ではカフェインを含まないコーヒーもあるのでそれも活用できます。

 

参考:アレルギー性鼻炎が原因で咳が止まらない時の対処法まとめ

まとめ

コーヒーに含まれるカフェインには頭痛やめまい、吐き気などのアレルギー反応を起こす危険性があります。

 

コーヒーを飲んですぐに症状が出る訳ではないので気がついていない人も多いですが、思い当たる症状がある人は注意しましょう。

 

コーヒーを飲みすぎるとカフェイン中毒の症状が出ることもあります。ひどい時には歩行困難になってしまうこともあるので1日のコーヒーの量を自分でコントロールできるといいですね。

 

アレルギー反応が出てしまった時には安静にして水をたくさん飲むのが効果的です。

 

参考:ハウスダストを減らしてアレルギー症状を抑える効果抜群の方法

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう