妊娠中の貧血をそのまま放置してはダメなんです。理由は出産の時だけでなく、その後にも悪影響を与えるためです。

 

お母さんにも赤ちゃんにも危険が及んでしまいます。貧血と診断された妊婦さんは薬を飲んだり食生活を見直したりして治していきます。

 

でも、昔から貧血だった…という女性は症状に慣れているので要注意です。「いつもと同じだから」「慣れてるから平気」と貧血の治療を後回しにしてはいけません。

 

貧血はちょっとめまいがするとか頭痛がするとかでは済まないんです。出産にも赤ちゃんにも良くないですから、早いうちに治しましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

妊娠中、貧血になるとこんな症状が起きる!

妊娠 貧血 出産 影響
まずは妊娠中に貧血となった場合、引き起こされる症状についてご紹介します。頻繁に血液検査をして貧血かどうか調べるわけにはいきませんよね。そうなると頼りになるのは“症状”です。

  • めまいがする、フラフラする、クラクラする
  • 頭がよく痛くなる
  • だるくてあまり動きたくない
  • なにか行動を起こすとすぐに疲れてしまう
  • 少し歩いただけでも動悸や息切れが激しくなる
  • しっかり睡眠をとっているのにいつも眠い

貧血の主な症状はこのくらいですね。

 

妊婦さんによっては、顔色が悪くなったり冷え性になったりすることもあるんです。「貧血になってから、朝起きるのがつらくなった…」という妊婦さんも。でも、どれをとっても重い症状って感じがしませんよね。確かに不快感はあってつらいかもしれませんが、すぐに病院へ駈け込まなければ!というほどではなく、だからこそ見逃しやすいんです。

妊婦さんの貧血に効く食べ物には何がある?サプリメントでも改善できる?

そのうち治るだろう…と思ってるうちに体が慣れてしまうことも珍しくありません。ちなみに重度の貧血になると上記以外の症状が出てくることもあります。妊婦さんがいきなりバッタリ倒れてしまうのも、貧血が原因となっている可能性が高いんですよ。

 

実は出産の時と後にも怖い影響があるんです

妊娠 貧血 出産 影響
貧血の影響は妊娠中の嫌な症状だけではありません。出産の時、そして出産した後にも“貧血”が災いするんです。まずは貧血状態のまま出産するとどうなるのかを見てみましょう。

スポンサーリンク

 

出産時には出血しますが、体が貧血だとちょっと血が出ただけでも血圧が下がってしまうんです。血が出て血圧が下がるとどうなるのか?と言いますと、さらにいっぱい血が出てきます。血が出る→血圧が下がる→もっと血が出る…の悪循環になるということですね。

 

そうなると輸血の出番になりますが、出血して輸血してとやっていれば赤ちゃんが産まれるまでの時間がどんどん長くなっていくんです。お母さんの体にかかる負担が大きくなり、出産後の回復も遅く、それどころか貧血が続いてしまう可能性もあります。

 

それから出産後の問題についてです。妊娠中、ずっと貧血状態のままですと赤ちゃんも貧血になってしまう恐れがあります。貧血=栄養が足りていないということは、発育障害や未熟児になる怖さもあるんです。

 

赤ちゃんが低体重だった、なんて話を聞いたことはありませんか?産まれたばかりの赤ちゃんの体重がとっても低い原因のひとつに母体の貧血も挙げられています。妊娠中の貧血は1人だけの問題ではないんです。

 

次に母乳ですね。実は、貧血は母乳の出にも関わっています。「なんで貧血だと母乳が出なくなるの?」という疑問もあるかと思いますが、答えはすごく簡単です。母乳って、血液から作られているんですよ。だから貧血だと母乳がうまく作れなくなって、出が悪くなるんです。

 

いったいどれだけの妊婦さんが貧血に悩んでるの?

いかに妊婦さんの貧血が怖いかはわかっていただけたと思います。でも、不安に感じることはありません。日本では本当にたくさんの妊婦さんが貧血で悩んでいます。あなた1人だけが悩んでいるわけではないんです。同じ悩みを抱えている人がいれば、対策や解決策も必ず見つかります。

 

じゃあ、貧血の妊婦さんってどれくらいいるのか?と言いますと…。とある調べでは全体の40%近くが貧血を訴え、治療をしているんです。40%ということは10人に4人、100人に40人です。

 

これはかなり数が多いと言えますよね。しかも最近は妊娠中でなくても貧血で悩む人が増えてますから、これからもっと数字が増えていくかもしれません。

 

まとめ

貧血は薬や食事やサプリメントで治せます。今は便利な薬やサプリメントがたくさんありますから、昔と比べると飲みやすくなってるんですよ。

 

ところでみなさんは、日本人が“貧血になりやすい”ということを知っているでしょうか?日本人が貧血になりやすい理由はいくつか考えられますが、やはり食生活が大きいと言えるでしょう。

 

鉄分は食事で摂取していきます。日本人の食生活だと、摂取する鉄分は吸収率の良いヘム鉄ではなく、吸収率がヘム鉄よりも低い“非ヘム鉄”の方が多いんです。

貧血症状の眠気・・・妊婦は普通よりも10倍特にひどい?

貧血の傾向がある女性は、妊娠していなくても日頃から食生活に気を使って鉄分を摂取していきましょう!そうすればいざという時に安心ですし、なにより健康な毎日を過ごすことができますよ。