男性より女性の方が貧血に悩んでいる話は有名です。原因はいくつか考えられますが、その中に女性ホルモンが含まれています。

 

貧血と女性ホルモンの関係を知っていきましょう。貧血に悩んでいる女性と男性と比較すると、女性の方が1.5倍も多いと言われているのです。

 

日常生活でも「貧血でめまいがする」と話している女性はよく見かけますが、「貧血で…」と言っている男性はほとんど見かけません。ホルモンのお話を聞いていただければ、おそらく女性に貧血が多く男性に貧血が少ないことについて、もっと納得してもらえると思います。

 

スポンサーリンク

 

貧血に影響している女性ホルモン、どんな関わりがあるの?

女性ホルモンが貧血とどのような関係なのか、まずはご紹介します。みなさん、「ホルモンバランスの乱れ」という言葉を聞いたことはありませんか?女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと血行不良となり、その結果、貧血を進めてしまうんです。

 

それはというのも女性ホルモンは血管拡張作用を持っていて、全体のホルモンバランスが崩れるとそれが血管へと影響してどんどん血行を悪くしていきます。それからエリスロポエチンの分泌ですね。赤血球が減少しても貧血になってしまうのですが、実はこれを男性ホルモンが防ぐのです。

貧血の対策にはサプリを上手につかうこと!過剰摂取はダメ!

男性ホルモンはエリスロポエチンを分泌するのですが、なんとエリスロポエチンは赤血球を生み出す力を持っているんですよ。ですがそれは男性ホルモンの働きであり、女性ホルモンの働きではありません。女性の方が貧血になりやすい理由はここにもあったのですね。

 

女性ホルモンは月経にも影響する?

女性のみなさんは月に一度、月経が来ると思います。ですが毎月まったく同じ月経が来るわけではありませんよね。期間が違ったり、周期が違ったり、お腹の痛みが違ったり、それから経血量が違ったりすることもあるでしょう。

 

経血量が多ければ当然貧血になりやすくなるのですが、ホルモンバランスは経血量にも影響を及ぼすんです。ホルモンバランスが乱れていると経血量の量が変わるため「いつもより多い」「いつもより少ない」ということが起こります。

 

これを防ぐためにはホルモンバランスの乱れを防ぎ、そして鉄分が多く含まれた食事を摂取して貧血の予防と回復を頑張るしかありませんね。

 

ただ、気をつけてほしいのが経血量の変動には病気が原因となっていることもあるという点なんです。ちょっと多い、ちょっと少ないくらいであれば問題ないと言われていますが、極端に多かったり少なかったりするのであれば注意が必要です。「ホルモンバランスの影響」と決めつけたりせず、そういう時は病院で診察を受けて下さいね。

スポンサーリンク

 

ホルモンバランスを乱れないようにするためには?

貧血 女性ホルモン
度々出てくる「ホルモンバランス」。じゃあホルモンバランスの乱れを防ぐためにはどうすれば良いの?って話になりますよね。

 

そもそもなぜホルモンバランスが乱れてしまうのかと言いますと、簡単に説明するとストレスです。ホルモンは脳から分泌されるのですが脳はストレスに弱いため、あっという間にバランスが崩れてしまうんですよ。

  • 強いストレス
  • 睡眠不足
  • 偏食
  • 不規則な生活
  • 過剰なダイエット
  • 更年期障害

このあたりがホルモンバランスを乱れさせることで知られていますね。「強いストレス」にはいろいろと含まれています。例えば嫌いな仕事を続けていたり職場で嫌な思いをしていたり、人間関係で悩んでいてもストレスはたまります。

 

また、急激な環境の変化でもストレスを受けますので気をつけて下さいね。

 

新しい仕事を始めたり進学したり、結婚して家庭環境が変わってもストレスになるんです。ストレスと言われると「イライラする出来事」と捉えられがちですが、自覚がない状態でもストレスはたまっていきます。特にイライラしていなくてもストレスになっている可能性がある、ということです。

 

まとめ

貧血と女性ホルモンの関係についてわかっていただけたでしょうか。体質からして女性の方が貧血になりやすいのですね。そしてやはりストレスはどこへ行っても曲者な存在です。しかしながらあまり神経質になりすぎると、それがかえってストレスになってしまう恐れもあります。

低血圧と貧血には関係がある?朝に弱い&フラフラする女性は必見!

ストレス発散に気を遣ったり自分自身を労わるのはとても良いことなのですが、神経質にならないよう注意しましょう。理想的なのは常にリラックスした状態でいることです。ちょっと「のほほん」としているくらいが丁度良いのですね。

 

貧血がひどくて不安を感じているのであれば、一度病院に行ってしっかり検査を受けるのも手です。なにもないことがわかるだけでも気持ちが楽になってストレスが減りますよ。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう