病院で血圧を測ったとき。「下は高いですね」なんて言われたことはありませんか。生活習慣の乱れから、高くなってしまう血圧。

 

運動はしない、夕飯はファストフードやスーパーの揚げ物が多い、なんて乱れた生活をしている人はいませんか?放っておくと、動脈硬化が進んで、取り返しがつかなくなってしまいますよ!

 

「でも、毎日忙しいし、特別なことをする時間はありません」

「そうそう、あとお金がかかることもイヤ」

 

そう思ったあなた。実は、時間やお金をかけることなく、ちゃんと血圧を下げる方法があるんです。どんな方法があるのか、これから紹介しましょう!

 

スポンサーリンク

 

下の血圧を下げる方法は?

下の血圧を下げる方法

「危険なのは、上の血圧が高い人だけだと思っていたのに」

「下の血圧なんて、気にしたことなかったけど、そんなに怖いなんて・・・」

 

こんな風に思ったあなた!嘆いている時間はありませんよ!今日から、下の血圧を下げる方法を採り入れましょう!これから3つ、紹介しますね。

食事改善

下の血圧を下げる方法食事の内容に気をつけるときのポイントは2つ。

 

まず、下の血圧を下げるには、コレステロールや中性脂肪、を体内に溜めないことが大事です

 

そのためには、動物性脂肪の多いバターをたくさん使った料理や、たっぷり脂肪の肉類は、出来るだけ避けるのが望ましいでしょう。おすすめは、わかめなどの海藻類、バナナ、リンゴ、納豆などです

 

これらの食品には、コレステロールを吸着して血糖値の上昇を防ぐので、高血圧防止の効果が期待できそうですね!余分な塩分を体内に溜めこまないことも大切なんです。塩分を摂り過ぎて、血液に塩分が増えると、血液の濃度が高くなってしまいます。

 

すると、体が「これはまずい!」と感じて、塩分でいっぱいの血液を薄めようと、水を血管に流し込み始めるのですが、どうなるかわかりますか?
血圧が上がってしまうのです。

 

そこで活躍するのは、ほうれん草やさつまいもなど、カリウムを多く含む野菜。こういった野菜を食べて摂取できるカリウムには、塩分を体の外に排出する働きがあり、高血圧防止になります!

 

他にも、動脈硬化の防止に良いと言われている、アジやサワラなどの魚類も、高血圧の解消に役立つと言われています。

 

焼きアジと海藻サラダ、ごはんには納豆をプラスして、デザートにリンゴ。ここで紹介した食材でも、立派なメニューが出来そうですね!血圧を下げる、おいしいメニューをつくってみませんか?

サプリメントの利用

どうしても、ちゃんとした食事を用意できない場合は、サプリメントを利用するのも良いでしょう。DHAやEPAは、魚介類に多く入っていて、血圧を下げる効果があると言われています。食事で摂りきれない、血圧をさげるために必要な栄養を補いましょう。

 

ただ、用法・用量を守らないと副作用が出る可能性があるのが、サプリメントの怖いところ。摂りすぎると、吐き気や下痢などの副作用が起こることがあります。

 

血圧を下げる薬や、血液が固まるのを抑える薬を処方されている人は、DHAやEPAのサプリメントを服用すると血液がかたまりにくく、出血しやすくなる可能性があるので、注意が必要です。必ず、医師に相談するようにしましょう。

運動不足解消

高血圧の改善に効果があるのは、有酸素運動と言われています

 

「有酸素運動って言われても、どうすれば良いか分からない!」

スポンサーリンク

 

そう思ったあなた!有酸素運動には、普段の生活の中に取り入れやすいものもあるんですよ!そして、有酸素運動によって、体のあちこちまで酸素を行きわたらせることで、血圧が下がる、という効果も期待されているくらいなんです!例えば、ウォーキング。これも有酸素運動です。

 

通勤でバスや電車を使う方は、今日の帰りは、一つ手前のバス停で降りて、歩いてみませんか?主婦のみなさんは、今日の晩ご飯の買い物は、少し遠いスーパーまで歩いてみませんか?これなら、普段やっていることの中で、うまく運動が出来ますよね。

 

「空いた時間で、もっと運動しようかな」

 

と思えたら、ジョギングや水泳にチャレンジするのが良いでしょう。ただし、疲れすぎるのは禁物。期待できる効果も出にくくなるかもしれません。

 

「ウォーキングって長い距離歩くんでしょ。短い距離を走って移動するのはダメなの?」

 

と思った人はいませんか?実は、短い距離を走るという運動は、有酸素運動ではなく、無酸素運動なんです。無酸素運動の場合、あまり呼吸せずに一気に力をいれるので、逆に血圧が上がってしまうかも。

 

重い物を運んだり、布団の上げ下ろしをしたりするのも、一気に力を入れて、息をせずに踏ん張ることが多いですよね。普段よく行う、このような行動でも、血圧が上がる可能性があり、注意が必要と考えられているんです。日々の生活で、気をつけたいですね。

 

食事改善と運動不足解消。どちらも毎日の生活の中で、ちょっと意識を変えるだけで、出来そうですよね!

本当に血圧を下げることができるか不安なあなたへ

下の血圧を下げる方法

ここまで、血圧を下げる方法を2つ紹介しました。

 

「本当に私にできるかな」

「あんまり何も長続きしないし」

 

と不安なあなたへ、下の血圧を下げるために、続けるコツをお伝えします!

ハードルは低く!

「食事のメニューを変えて、明日から行きも帰りも二駅長く歩いて、朝はジョギングだ!」

 

なんてやる気がみなぎっているあなた。その素晴らしいやる気も、いろいろなことに一度に出してしまうと、途中でスタミナがなくなってしまうかもしれません。まずは、あなたが一番簡単に出来そうなことをひとつだけやってみましょう

 

例えば、「今週は、帰りは絶対一駅歩くぞ!」のように。そしてその目標が達成できたら、タスクを増やします。

 

「出来た!」

 

と思えることで、きっと長く続けていけますよ!

結果を見えるようにする!

やってもやっても、褒めてもらえるわけでもなく、一人の戦いに嫌気がさすこともあるかもしれませんね。孤独な戦いに負けそうなときのために、毎日の記録をつけておくのはどうでしょう?

 

例えば、万歩計を使って、今日は何歩歩いたかがわかるだけでも、気持ちは変わってくるのではないでしょうか。

 

最初は、「今日は2000歩か、あんなに歩いたのに」なんて思うかもしれませんが、続けていくと、「2000歩か、明日は絶対3000歩だ!」なんてやる気がわいてくるかもしれません!やったことが、数字という結果になると、気持ちは変わるものです。

 

下の血圧を下げるために、バランスの良い食事や軽い運動を習慣にしてしまえば、続けやすくなります。あなたの体のために、出来ることから始めてみませんか。

 

参考:血圧を下げる方法は?即効性のある方法はコレだ!

まとめ

下の血圧が高くなってしまうのは、生活習慣の乱れが原因です。運動が苦手でも、食事をつくるのが面倒でも、何かしなければ体が壊れてしまうのです。

 

食事には、コレステロールを吸着する海藻や納豆、カリウムを多く含むほうれん草など。また、動脈硬化を防ぐ効果のあるアジなどを採り入れるのが理想です。

 

食事では足りない場合は、サプリメントで補う方法もあるので、充分に栄養をとり、予防すると良いですね。

 

また、運動不足も大敵。ひとつ先のバス停まで歩く、という程度の運動でも、日ごろから意識して採り入れることが、下の血圧を下げるためには必要です。一度にたくさんのことをする必要はありません!

 

ひとつでも、あなたができると思うことを習慣として続けていくことが大切ですよ!さぁ今日から、下の血圧を下げるために、何か始めてみませんか?

 

参考:血圧の数値で下が高い場合の考えられる原因や正しい対処法は?