あなたが子供の頃、朝礼で倒れてしまう子がいた記憶がありませんか?「ああ、○○ちゃん。また貧血かな。」筆者もそんな風に思ってました。

 

子供の立ちくらみ。それって本当に貧血なんでしょうか?

 

もしかしたら、それって貧血じゃなくて、低血圧なのかもしれません。同じような「クラクラ」。貧血と低血圧って症状は似ているけど、全く異なるもの。 子供の低血圧の正体とその対処について、一緒に知っていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

子供の立ちくらみの原因は貧血じゃないの?

子供の低血圧,たちくらみ
「貧血」は、体の中の赤血球のヘモグロビンが不足して、全身にうまく酸素が運べなくなっている状態です。「低血圧」は、血管の収縮する力が弱くなってしまい血液の循環が悪くなり、手足などの末端の血液が心臓にうまく戻らない状態です。

 

どちらも必要な血液がうまく全身に行き渡らないことから、酸欠状態を起こしています。ですから、貧血と低血圧は、「体がだるい」「疲れがとれにくい」「立ちくらみがする」といったように、症状がよく似ているのです。ですから、その症状だけでは「貧血」なのか「低血圧」なのか、見分けがつきにくいもの

 

子供の貧血の基準は、ヘモグロビンが12g/dl未満と定められています。子供が「体のだるさ」「立ちくらみ」などを訴えたら、まず病院で血液検査を受けましょう。血液検査をして貧血でなければ、低血圧を起こしている可能性がありますよ。

 

低血圧の基準はどれくらい?

「私、低血圧なの。」そう言う人がいますが、低血圧ってどのくらいの血圧からそう呼ぶのか知っていますか?実は低血圧には国際的な判断基準がないんです。

 

高血圧には世界的な判断基準があるのですが、低血圧の判断は医師や研究者によってまちまち。これは、高血圧は脳血管障害や心臓病など、大きな疾患を引き起こす原因となりますが、低血圧は基本的に命を脅かすような影響が少ないため。

 

一般的に低血圧と判断するための基準は、収縮期血圧(いわゆる上の血圧)が100~110mmHg以下の場合、拡張期血圧(いわゆる下の血圧)が60mmHg以下の場合と言われています。「血圧」は、血液が流れる時の血管が内側から押す圧力のことを言います。つまり、血管が広がってしまったり、血液のめぐりが悪くなった状態が「低血圧」なのです。

 

子供の低血圧の正体とは?

081888
「立ちくらみがする」「体がおもい」「頭痛がする」子供がそう訴え、血液検査をしても貧血ではない。もしかしたら、その症状の原因は『起立性調整障害』かもしれません。

 

この『起立性調整障害』は、小学校から中学校の思春期の子供に多くみられ、なんと5人に1人の割合で発症しているとも言われています。男女比は男子:女子=1:1.5と言われており、割合としては女子の方が多いですが、男子にも見られる症状です。

スポンサーリンク

 

起立性調整障害ってどんな病気?

起立性障害の子供は、横になっている状態から急に立ち上がったり、長時間立ち続けていると、血圧が下がって立ちくらみを起こしたりします。これを、「起立性低血圧」と呼びます。人は立っていると、重量で血液が下半身に下がってきて、血圧が低下します。

 

健康な人であれば、これを防ぐため自律神経が働きます。交感神経が下半身の血管を収縮させて、血圧が下がらないようにします。また、副交感神経は心拍数を上げ、心臓から押し出される血液量を増やし、血圧が下がらないようにします。

 

起立性障害の場合は、この血圧を調整する自律神経がうまく働かないため、血圧が下がってしまい、脳や全身へ血液が送られにくい状態になるのです。

 

昔と違い、現代の子供は様々なストレスを抱えています。起立性障害の子供が多いのは、現代の環境による自律神経のバランスの崩れだと言われています。

 

起立性調整障害の対処は?

子供の低血圧3
症状が出やすいのが、1日のうちでは午前中1年間では血管が広がりやすい春先~夏と言われています。重症になると、昇圧剤などの薬物療法が必要になってきますが、軽度であれば日常生活の改善で対処できます。

 

<日常生活で取り組みたいこと>

ストレスを取り除く強いストレスを感じることで症状が悪化する場合があります。まず、周囲の大人が理解するよう努めましょう。怠けているのではなく、病気であり、本人が辛い状況であることを理解しましょう。

 

規則正しい生活リズム→自律神経のリズムが整うよう、無理のない範囲で早寝早起きなどを心掛けましょう。

 

立ちくらみを起こさないように心がける→急な姿勢の変化などは、立ちくらみを起こす原因となります。立ち上がる時には、30秒くらいかけてゆっくり立ち上がりましょう。また、昼間はなるべく体を横にしないように気を付けましょう。

 

水分を1日1.5ℓ、塩分を1日10~12g摂取する→低血圧は血管を広げるチカラが落ちているため、体がむくみやすくなっています。むくみを予防し、体を循環する血液量を増やすのに、水分と塩分の摂取は効果があります。

 

まとめ

子供の「低血圧」。本人自身が自分の体の状態に戸惑い、悩んでいるのです。決して怠けているではありません。

目の前で子供が貧血で倒れたら、どんな風に対処したらいいの?

周りの大人が気づき、サポートすることで、症状は改善に向かいます。まずは、周りの大人が理解し、子供に寄り添うこと。これが改善への第一歩です。