貧血をうったえる男女の比率をみると、圧倒的に女性に多くみられます。それは生理に関係があるのでしょうか?

 

お腹や腰が痛くなる生理痛のほかに、吐き気やめまい・・・まるで貧血みたいと感じるかたも多いのでは?今回はそういった方についてまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

貧血ぎみ?吐き気やめまいまでする生理痛がつらい・・・

貧血ぎみ,吐き気,眩暈,生理,対処法
女性は毎月、生理になると大量の血液とともに鉄分を一緒に排出してしまうため、鉄分不足になり貧血を起こしやすいと言われています。ただし、これは1回生理になったから貧血になるわけではないんです。

 

女性特有のダイエット選好の食生活、妊娠に出産と鉄分を失う要素が多く、そのうえ、毎月の生理が積み重なることで男性より貧血になりやすいのです。

 

この場合の貧血と言うのは鉄分不足が引き起こす「鉄欠乏性貧血」と呼ばれるものです。ほとんどの女性はこの貧血の予備軍と言えます。また、この貧血はじわじわと進行し、体が慣れてしまい、自覚していない人もたくさんいます。

 

やっぱり吐き気やめまいのする生理痛は貧血だったのでしょうか。実は、この生理の時におこる特有の症状は、貧血違い。「鉄欠乏性貧血」ではなく、「脳貧血」と呼ばれる「虚血性貧血」なんです。「鉄欠乏性貧血」は慢性的に起こり、日々倦怠感や疲労感が抜けず、顔色も悪い状態です。

 

生理の時にだけ起こるのは考えにくいのです。では、「虚血性貧血」はどんな貧血でしょう。これは生理前になると血液が子宮に集まり、脳の血液が少なくなる事で起こります。脳が虚血状態ということですね。

貧血に良い食べ物で生理痛の頭痛も治るって本当?どんな関係があるの?

どんな症状が起こるのでしょうか。主だったものには、頭痛、吐き気、めまい、耳鳴り、冷や汗、などがあります。また、ひどくなると意識を失うこともあります。

 

吐き気やめまいがする生理痛・・・貧血?

貧血ぎみ,吐き気,眩暈,生理,対処法
実は、この「脳貧血」と呼ばれる中には、「虚血性貧血」だけではなく、「起立性低血圧」と呼ばれる病気もあるんです。「起立性低血圧」名前に低血圧と入っちゃってるので、あれっと思われるかもしれません。

 

その通り、これは「脳貧血」と呼ばれてはいるものの、貧血ではない病気なのです。自律神経が正常に働かない時に低血圧を起こしてしまう状態で、急に立ち上がった時や、朝礼や満員電車など長い時間立っていたときに、頭がくらくらし、目の前がチカチカしたり、真っ暗になり、吐き気や頭痛を起こし、意識を失うこともある病気です。

スポンサーリンク

 

このように、貧血のような症状をおこす原因が自律神経からくるものだと考えることもできるのです。ホルモンバランスを崩す・・・なんて良く耳にしますよね。女性ホルモンは、「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」という二つのホルモンがバランスを上手くとりながら成り立っています。

 

ところが、ストレスや睡眠不足、妊娠や出産、加齢など、原因は星の数ほどありますが、ホルモンバランスを崩すと、自律神経が正常に機能しなくなってしまうのです。自律神経が異常をきたすと、交感神経が興奮し、筋肉を緊張させ、血液の循環が悪くなり、めまいや吐き気を起こし、時には意識を失うこともあります。

 

また、生理の苦しみを語る上でPMS(月経前症候群)も外せませんね。これは生理になる3日~10日くらい前から起きる不快な症状すべてを言います。生理中に起こる生理痛とは違うものですが、生理に関係して同じように不調をうったえるものです。

 

原因も症状もまだわかっていない病気ですが、イライラやネガティブ思考になるなどのメンタル面の不調や頭痛、吐き気、めまいなどのフィジカル面の不良まで、さまざまな不快症状が出る女性が増えているのです。

 

貧血と女性の付き合い方や対処法とは?

貧血ぎみ,吐き気,眩暈,生理,対処法
女性の生活を考えると、男性と比べて圧倒的に鉄の排出量が多いですね。月経、ダイエット、偏食、妊娠、出産、授乳、これらすべて鉄を排出してしまう要素です。

 

こうなったら、じゃんじゃん鉄を取り入れていきましょう。と言いたいところですが、鉄は、取り過ぎても良くないんですよ。鉄を溜めこんでおくと、酸素と反応して酸化してしまいます。酸化するとはサビると言うことです。

 

このサビ、女性の大敵で、シミ、シワ、くすみ、をもたらす最悪の悪者なんです。また、癌、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、狭心症、不整脈、アルツハイマーなどの重大疾病をもたらす可能性もあるのです。ただし、あくまでもこれは必要以上に貯めた場合に限りますよ。

 

貧血っぽいから鉄分取ろうと安易に市販の薬を飲み続けたり、やたらとサプリメントを摂取するような素人判断は禁物だということです。 貧血状態に陥ったときは、まず補充をしなくてはいけません。働いているヘモグロビン鉄はサビませんのでご安心を。

 

今度は、鉄分不足がもたらす女性に大切なことです。女性ホルモンの「黄体ホルモン」は鉄がないと作れないホルモンです。この黄体ホルモン、子宮を妊娠しやすい状態に保つための大切な大切なホルモンなんです。このホルモンが少なくなると、不妊につながるのです。

 

無くてもダメ。あり過ぎてもダメ。結局、偏らない食事をしっかりとることで、上手に必要な分の鉄分を摂取することが大切なようです。

 

 

15秒に1個売れている♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう